2021年3月9日〜19日

西岡良弘 展 XXI








四百年程前、茶の湯の広がりにより

唐津と美濃の陶工が交流し、

唐津黒織部が生まれたと伝わる。


揺るぎなさと繊細さを併せ持つ西岡氏の唐津と、

自由な精神を込めた織部を融け合わせた、

新たな創造。


二十一回目、新たな挑戦を御高覧頂きたく

ご案内申し上げます。


(光)


--------------------


2021年4月20日〜30日

小川待子 展 VI








大胆不敵な 作風

エネルギッシュ

怖れるもの 無し


このような作家がいるから

この仕事を続けていられる


阿曾一実



--------------------



2021年10月20日〜30日

上田泰江 展








里山に独居し 本年九十一歳

絵を描き続ける日々

大気清麗 朝露に斜光射し

庭樹に無数の白露煌めく

小禽飛び交い 花の精満つ

自然は厳しく かくも美しい

画面の奥に幾重にも潜む

生命の も の が た り


阿曾一実


--------------------



2021年11月16日〜26日

阪口鶴代 展 VU